地域円卓会議実施報告

スクールロイヤー地域円卓会議

· 講演会

今後のアプローチの方向性(提案)
1)スクールロイヤー制度の目的「子どもの最善の利益の実現」の意図を、まずは子ども・家族・地域社会、そして学校と共有し、その必要性を合意しよう

2)スクールロイヤーに求められる職能は、子どもに寄り添いながら、法教育・人権教育等の啓発も含めた能力と言える。人材育成と供給体制は今後の課題

3)学校に何かの課題が発生した際、積極的に法律家を座組に入れ、法アクセスにより解決した事例を積み上げながら、政策提言の材料を増やしていこう

グラレコ(グラフィック・レコーディング)

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK